プーレシステム

超低汚染4フッ化フッ素樹脂塗料

超低汚染4フッ化フッ素樹脂塗料:デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュ。 コンクリート生地仕上げ。

製品資料

製品特長

1.コンクリートの生地感を活かした仕上げが可能です。

  • 素材のぬれ肌が防止でき、コンクリートの仕上がり外観がそのままの仕上げになり、生地の素材感を長期に維持します。
  • 吸い込みムラが抑えられるため、つやムラのない美しい仕上げが得られます。
  • つや有り仕上げからつや消し仕上げまで自由に選べます。

2.過酷な環境からコンクリートを保護します。

  • 耐候性に優れています。
  • 吸水防止、中性化防止の機能があります。
  • 汚染性に優れた超低汚染性タイプです。

3.新たな意匠も可能です。

  • パール、スパーク調など新たな意匠が可能です。

製品詳細情報

樹脂 フッ素
水性/溶剤 強溶剤系
1液/2液 2液
荷姿 プーレガード14kg、プーレコート16kgセット(塗料液)14kg、硬化剤2kg、デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー15kgセット(塗料液)10kg、(硬化剤)5kg
素材 コンクリート
機能 高耐候性、低汚染、ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆
適用下地 コンクリート
色相 デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー:透明、カラークリヤー
つや つや有り、5分つや有り、3分つや有り、つや消し
施工方法
適:
エアスプレー
・噴霧粒子を吸い込むと、嘔吐、呼吸困難など身体に変調を及ぼす可能性がありますので、スプレー施工の際は必ず有機溶剤用防毒マスクを着用ください。 ・作業現場周辺の方が噴霧粒子の吸引をしないようにスプレー施工の際は注意し、必要に応じて対策を実施してください。
希釈剤 デュフロンシンナー
ポット
ライフ
8時間(23℃)、

用途

戸建住宅 マンション 教育施設/病院
dbround dbround dbround
オフィス/商業施設/ホテル 工場/倉庫 鋼構造物
dbround dbround multiply

最適

不可

SCROLL

<塗装システムの特徴>

適正部位 推奨仕様
コンクリート面生地仕上げ プーレガード+ブーレコート
+デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー

 

使用量、
1缶当たりの塗り面積(m²)

品名 使用量
(kg/㎡/回)
1缶当たりの
塗り面積
(m²/回/缶)
プーレガード 0.16~0.20 70~88
プーレコート 0.12~0.15 100~125
デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー・カラークリヤー 0.10~0.12 125~150

{※1缶当たりの塗り面積は目安です。施工方法、施工条件等により増減します。}

希釈率

SCROLL
SCROLL
SCROLL
品名 塗装方法 希釈率(%) 使用量(kg/㎡/回)
プーレガード ウールローラー、エアレススプレー 無希釈 0.16〜0.20
プーレコート エアスプレー 30〜40 0.12〜0.15
デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー・カラークリヤーデュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー・カラークリヤーデュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー・カラークリヤー エアスプレー 5〜40 0.10〜0.12
  • 噴霧粒子を吸い込むと、嘔吐、呼吸困難など身体に変調を及ぼす可能性がありますので、スプレー施工の際は必ず有機溶剤用防毒マスクを着用ください。
  • 作業現場周辺の方が噴霧粒子の吸引をしないようにスプレー施工の際は注意し、必要に応じて対策を実施してください。 

乾燥時間

SCROLL
品名

5~10℃23℃30℃
プーレガード指触乾燥1時間30分20分
塗り重ね乾燥24時間以上16時間以上16時間以上
プーレコート指触乾燥50分15分10分
塗り重ね乾燥24時間以上4時間以上4時間以上
デュフロン4FIIプーレスーパーフレッシュクリヤー・カラークリヤー指触乾燥50分15分10分
塗り重ね乾燥24時間以上16時間以上16時間以上

{※乾燥時間は目安です。使用量、通風、湿度および素地の状態によって異なります。}

価格

仕上げの種類 材工価格
コンクリート生地仕上げ
(デュフロン4FⅡプーレスーパーフレッシュクリヤー仕上げ)
4,970円/㎡
(3工程)
コンクリート着色生地仕上げ
(デュフロン4FⅡプーレスーパーフレッシュカラークリヤー仕上げ)
※5,050円/平方メートル
(3工程※色相により価格が上がる場合があります。)
※詳細(施工上・安全衛生上・取り扱い上の注意事項)につきましてはカタログ・塗装仕様などでご確認ください。
※使用量、塗り坪は標準的数値です。被塗物の形状・素地の状態・気象条件などで幅を生じ増減します。
※材工価格は原則として300㎡以上を基準といたします。