MENU

タフガードQ-R工法

タフガードQ-R工法の標準工程

ローラー、へら、こての併用等で簡単施工

  • Process

    素地調整工程

    コンクリート表面調整を目的としたケレン作業完了後、タフガードEWフィラーをこてで塗工します。欠損、段差や鉄筋腐食部などへは事前に復旧処置が必要です。

  • Process

    プライマー工程

    付着性を確保することを目的としてタフガードR-Wプライマーをフィラー施工後16時間以上14日以内に、はけ・ローラーなどで塗装します。

  • Process

    中塗り工程

    タフガードQ-Rを、プライマー施工後2時間以上5日以内にこて・へらなどを併用し、スケや膜厚のバラツキがでないように塗工します。

  • Process

    上塗り工程

    タフガードUD上塗を、均一に塗布し仕上げ塗装をします。
    タフガードウレタンシンナーで希釈し、中塗り施工後2時間以上3日以内にローラー・はけなどで塗装します。

  • Process

    完了

お問い合わせ先

材料・性能について
Be メッシュ工法について

お電話でのお問い合わせは

  • 03-3740-1220
施工について
Q-R 工法協会
ウェブサイト

お電話でのお問い合わせは

  • 事務局:03-3740-1220

ページのトップへ

Copyright © NIPPONPAINT Co., Ltd. All Rights Reserved.