MENU

下塗り材

水性

ホルムアルデヒド放散等級F★★★★

セメント系下地調整材

フィラー200

合成樹脂エマルションとセメント、骨材を主体とした、ポリマーセメント系下地調整材。
混和液を調合して使用する下地調整材です。施工作業性、性能とも抜群で、その効果は特に改修工事で発揮されます。

特長

  • 付着性に優れてます。
  • 作業性に優れてます。
  • 充填性に優れています。
  • 耐久性に優れています。
  • 工程が短縮できます。
  • ドライアウトの心配がありません。

◎:最適 ◯:適 △:可 ×:不適

用途

対象/部位 外壁
戸建住宅
マンション
教育施設
病院/ホテル
ビル/商業施設
工場

規格

JIS A 6916  セメント系下地調整塗材  下地調整塗材C−1  1種  合格

適用下地

コンクリート、モルタル、ALC

荷姿・色相・つや

荷姿
主材20Kg 混和液10Kg ホワイト

施工方法

吹付け ローラー はけ

◯:適  △:可  ×:不適

使用量、1缶当たりの塗り面積(m²)

  使用量(kg/m²/回) 1缶当たりの塗り面積(m²/回/缶)
はけ塗り 0.3〜0.5 60〜100
ローラー塗り 0.4〜0.8 37〜75
吹付け 0.6〜1.2 25〜50

価格

材工価格
1120円/平方メートル
(1工程・ローラー塗りの場合)
1010円/平方メートル
(1工程・吹付けの場合)
詳細(施工上・安全衛生上・取り扱い上の注意事項)につきましてはカタログ・塗装仕様などでご確認ください。
使用量、塗り坪は標準的数値です。被塗物の形状・素地の状態・気象条件などで幅を生じ増減します。
材工価格は原則として300平方m以上を基準といたします。

フィラー200

安全データシート(SDS)について
SDSは、塗料を購入または購入予定の塗料販売店からお客様へお渡ししております。
また、塗装を塗装会社様、工務店様などへご依頼して施工された場合は、それらの会社様を通じてご請求ください。

建築用塗料

ページのトップへ

Copyright © NIPPONPAINT Co., Ltd. All Rights Reserved.