MENU

自然発火にご注意ください

近年、塗料を拭き取ったタオルが自然発火し、火災の原因となる事故が起こっています。塗料による自然発火について、ご注意いただきたい内容をご紹介します。

  • 自然発火とは?

    人が火をつけていないのに、自然に出火することを自然発火といいます。
    例えば、揚げ物の油や塗料、インキ、ワックスなどの油類は、酸化することで発熱し出火する可能性があります。その他にも、空気中で自然に燃え出すマッチの材料の黄リン、水の入ったペットボトルなどによる太陽光の集光、雷や火山の噴火などが原因となることがあります。

     
  • どんな時に、塗料が自然発火するのか?

    塗料やワックスなどの油類は、酸化反応することで発熱します。その主な条件は「酸素」「温度」「密度」の3つ。油類は酸素に触れることで酸化し、酸化熱を発生。その熱エネルギーは、温度が高い状態でさらに増幅します。そして、密度が高ければ高いほど熱がこもり、発火につながるのです。

    油類が発熱する流れの図

    たとえば、こんな時

    塗料やワックスを拭き取った布、油が染み込んだ紙、養生に使ったシートなどを、山積みしたり、容器にまとめて入れたり、ビニール袋に入れたまま放置しておいた場合。

    塗膜は自然発火しません

    塗膜(塗料が固まって膜となったもの)は、薄く塗り広げられた状態のため、熱がこもることはなく、自然発火は起こりません。一般的な塗膜の厚みでは、酸化反応による発熱より熱放射の方が早く、熱エネルギーが蓄積されることがないからです。

     
  • 自然発火する可能性のある塗料

    すべての塗料が自然発火するわけではありません。可能性があるのは、油脂を基本成分として酸化乾燥で硬化し塗膜になる「アルキッド樹脂系塗料」です。たとえば、アクリルエマルション系などの塗料は発火することはありません。
    また、自然発火ではありませんが、ラッカーなど引火性塗料も火気に近づけると危険ですのでご注意ください。

    酸化乾燥で硬化する塗料のしくみ

    説明イラスト:塗料は、樹脂、溶剤、顔料粒子でできています。溶剤が蒸発したあと、酸素を吸収し、樹脂と酸素が結合して硬化します。

    塗料についている表記をご確認ください

     
  • 塗装現場などでの予防方法

    アルキッド樹脂系塗料を使った場合は、以下のことにご注意ください。

    使用上の注意のイラスト

    • 拭き取った布、塗料の付着したシートやダンボール、集めた塗料かすは、山積みしたり容器やビニール袋にまとめたりしない
    • それらの布などは、水を十分に入れた容器に沈めてフタをし、水が蒸発しないように注意する。
    • 安全な焼却設備がある場合は、そこで焼却する。
     

本文のトップへ戻ります

Copyright © NIPPONPAINT Co., Ltd. All Rights Reserved.

ページのトップへ

Copyright © NIPPONPAINT Co., Ltd. All Rights Reserved.