サイト内検索: 
  • 日本ペイントホールディングス
  • ホーム
  • サイトマップ
  • English
2002年のニュース What's New
What's Newへ
9.04(水)
日本ペイント工業用コーティング株式会社がI S O 14001の認証登録 日本ペイントグループ各社で認証取得進む
日本ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:藤嶋輝義)の各種工業用塗料の販売を担当する子会社、日本ペイント工業用コーティング株式会社(本社:東京都、社長:小原捷治)が、環境マネジメントシステム審査登録制度:ISO14001の審査を、全社(東北営業所から九州営業所までの全17サイト)で受け、7月22日に一括で認証登録されました。
昨年7月に小原社長による「環境方針」の発表を機に全社活動をキックオフし、取組み開始後1年で認証登録されました。

取り上げたメインテーマは次の2つ、

  1. 環境に負荷の少ない塗料ならびに塗装システムを提案し提供する
  2. 事業活動においてエネルギー、資源の節約に努める
同社の活動は、ISOを経営戦略に完全にリンクさせているのが特徴で、審査評では、「社の業務目標と環境目標を一致させ、全社一丸となって推進させている。」「全員が環境マネジメントシステムをよく理解し、実行している。」と高く評価されました。

具体的な活動としては、

1. 環境配慮型の商品およびシステムの販売促進:'02年度には、'00年度比5%拡大
1) 水性塗料拡大に注力する
建材ボードメーカー向け塗料を溶剤型から水性に切り替えて、大気汚染を防 止し、近隣の臭気対策に貢献する。
2) 遮熱塗料の拡大に注力する
自動車メーカー・パソコンメーカーの物流センターや倉庫棟の金属屋根用に推進し、空調エネルギーの削減に寄与する。
3) 塑性加工用の前処理用として低温処理剤を推進する
製線会社のエネルギーコストの低減と、スラッジ(廃棄物)発生を削減する。
4) 環境配慮型塗装設備を推進する
什器メーカーにパネル用粉体塗料塗装ラインを導入する。
自販機メーカーに自販機用粉体塗料塗装ラインを導入する。
5) 粉体調色システムの設備を推進する
小ロット対応で、顧客の塗料の在庫を削減する。
 
2. 廃棄物の排出量の削減(省資源)
1) 塗料在庫量の適正化  :'02年度には、'01年度比14%低減
2) コピー紙の消費量削減:'02年度には、 '01年度比2%以上削減
 
3. 省エネルギーにつとめる
1) 電力消費量の削減:'02年度には、'01年度比4%削減する。
登録の概要

社名

日本ペイント工業用コーティング株式会社(全17サイト)
環境マネジメントシステムの範囲 1. 塗料、表面処理剤、フィルム、電子部品材料及び関連商品の販売
2. 塗料用、塗装用、表面処理用及び塗膜検査用の設備、機器の販売
3. 調色加工
4. 各種保険代理業
登録年月日 2002年7月22日
登録機関 日本化学キューエイ株式会社
登録番号 JCQA−E−0393

なお、日本ペイント(株)は、「環境保全と資源エネルギー低減に貢献するエコカンパニーとして信頼される企業」を目指しており、国内の関係会社、全17社のISO14001認証取得を2005年までに完了するよう推進しており、同社で4社目の取得となります。
このページのトップへ