サイト内検索: 
  • 日本ペイントホールディングス
  • ホーム
  • サイトマップ
  • English
2002年のニュース What's New
What's Newへ
5.21(火)
発泡型耐火塗料「タイカリットS−100」で屋内外用耐火塗装システムが完成(屋外1時間耐火も適用可能)
日本ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:藤嶋輝義)は、平成14年5月10日に鉄骨用発泡型耐火塗料「タイカリットS−100」の新しい建築基準法での材料認定を取得しました。

発泡型耐火塗料は、欧州では一般的に使われており、錆止め、耐火層、上塗層からなる塗料です。通常は1〜2mm前後の膜厚で、火災時に20〜50倍に発泡して断熱層を形成し、一時間程度鉄骨を保護して退避時間を確保、人命を守ります。

今までの建築基準法第38条の一般認定では、屋内鉄部の見える部分にしか使用できませんでしたが、新法では、限定条件が外れ、従来の被覆材と同様に1時間耐火で屋外にも使用できるようになりました。

「タイカリットS−100」の大きな特長は、

  1. 屋内・屋外に使用できること、
  2. 非常に薄い膜厚で耐火機能が発揮できること、
  3. 屋外では耐久性の良い専用のエポキシ系中塗とウレタン系或いはふっ素系上塗を塗装することにより、耐火被覆より優れたの耐久性を保持できること、
  4. 上塗層のバリエーションにより多様な仕上がり外観が得られること、
  5. 乾燥性が良好なので他社品に比較して工期が大幅に短縮でき、トータルの施工単価が低減できることです。

発泡型耐火塗料が屋外でも使用できるようになるため、従来のロックウール吹き付けの厚い耐火被覆材では、美観上適用できなかったビルアトリウム・ショールーム等、屋内外で鉄骨が直接見える面へも適用できるようになります。また、鉄骨が露出した斬新な意匠の建物にも耐火設計ができることになり、需要の拡大が期待されます。

認定詳細

構造方法又は建築材料の名称

発泡性耐火被覆/鉄骨造耐火
認可番号:
       柱
       はり

FP060CN−9402
FP060BM−9347
耐火時間 1時間耐火
認定日 平成14年5月10日
製品概要

耐火塗料

「タイカリットS−100ベースコート」20kg
特殊アクリル系樹脂塗料
材工価格 ¥21,500/平方m(屋外・乾燥塗膜厚1mm)
¥18,000/平方m(屋内・乾燥塗膜厚1mm)
※施工面積100平方m以上の場合
このページのトップへ