塗料と塗装の総合ブランド・日本ペイント最先端のコーティングテクノロジー

サイト内検索: 
  • ホーム
  • サイトマップ
  • English
2002年のニュース What's New
What's Newへ
4.05(金)
業績予想の修正及びその他有価証券の評価損に関するお知らせ
最近の業績の動向等を踏まえ、平成13年11月15日の中間決算発表時に公表しました業績予想を下記の通り修正し、また、その他有価証券の評価損の計上についてお知らせいたします。

■業績予想の修正
(1) 14年3月期連結通期業績予想数値の修正
(平成13年4月1日〜平成14年3月31日)
(単位:百万円、%)
  売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成13年11月15日発表)
194,000 8,900 3,000
今回修正予想(B) 192,000 8,300 750
増減額(B-A) △ 2,000 △ 600 △ 2,250
増減率 △ 1.0 △ 6.7 △ 75.0
前期(平成13年3月期)実績 199,673 11,768 5,679

(2) 14年3月期単独通期業績予想数値の修正
(平成13年4月1日〜平成14年3月31日)
(単位:百万円、%)
  売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成13年11月15日発表)
126,000 5,400 1,600
今回修正予想(B) 123,000 5,700 550
増減額(B-A) △ 3,000 △ 300 △ 1,050
増減率 △ 2.4 △ 5.6 △ 65.6
前期(平成13年3月期)実績 127,882 7,214 5,111

(3)理由
景気の一段の冷え込みによる国内塗料需要の落ち込みを受けて、売上高は前回予想値を下回る見込みです。また、金融機関株式を中心に中間期を上回る投資有価証券の評価損が発生したため、当期純利益を修正いたします。

■その他有価証券の評価損
当社では、その他有価証券のうち時価のあるものについて、決算日の市場価格等にもとづく時価法を採用しておりますが、決算日の市場価格等が取得価額に比べて50%以上下落しているその他有価証券につきまして、平成14年3月期(平成13年4月1日〜平成14年3月31日)において投資有価証券評価損を特別損失に計上いたします。(中間期の評価損計上額2,763百万円)

 (A) その他有価証券評価損
4,777 百万円         
 (B) 平成13年3月期の純資産の額 ( A/B×100 )
87,285 百万円 (  5.5% )
 (C) 平成13年3月期の経常利益額 ( A/C×100 )
7,214 百万円 ( 66.2% )
 (D) 平成13年3月期の当期純利益額 ( A/D×100 )
5,111 百万円 ( 93.5% )
このページのトップへ