塗料と塗装の総合ブランド・日本ペイント最先端のコーティングテクノロジー

サイト内検索: 
  • ホーム
  • サイトマップ
  • English
2002年のニュース What's New
What's Newへ
1.25(金)
リサイクル原料使用環境配慮型鉛フリーの鉄部塗装システムを完成
日本ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:藤嶋 輝義)は、鉛などの重金属を用いず、また回収PETや回収植物油を使用した環境配慮型合成樹脂ペイント「ニッペHi−CRエコ」を2002年1月から発売します。
日本ペイントでは、同様に鉛フリーで、回収PETを原料としたさび止めペイント「速乾PZヘルゴン」を昨年4月からすでに発売しており、これによって下塗りから上塗りまでの環境配慮型鉛フリーの鉄部塗装システムが完成しました。

最近、合成樹脂ペイントに含まれる鉛など重金属の環境に与える影響が注目されています。アメリカなどでは、すでに厳しく規制されており、わが国においても鉛など重金属を規制する動きが強まっています。
日本ペイントは、こうした規制に先駆けて、鉛などの有害重金属を配合しない製品づくりに取り組んできました。今回完成した塗装システムは、厳しいアメリカの連邦規制をも下回る基準を実現し、「速乾PZヘルゴン」はすでに、国内の米軍基地、橋梁、学校施設などでも使用されています。
また、同塗装システムでは、当社が独自に開発した回収PETのリサイクル技術を活かして、樹脂の一部にリサイクルペットを原料としたものを使用しており、資源の再利用・節約に貢献しています。
さらに、「ニッペ Hi−CRエコ」については、回収植物油を原料とした長油性アルキド樹脂を用いており、樹脂中のリサイクル原料が35%以上と高い基準を実現しています。(「速乾PZヘルゴン」は30%強)
性能面においては、「ニッペ Hi−CRエコ」、「速乾PZヘルゴン」ともに、従来製品と同等以上の隠蔽性(*1)レベリング力(*2)、さび止め性を有しています。

今後、環境への意識の高まりとともに、鉛フリーの油性さび止め塗料市場は100億円規模まで伸びることが予測されており、当社においても、従来の合成樹脂ペイントは全て、環境配慮型鉛フリーの塗装システムにシフトさせる予定です。
本格的な循環型社会の実現に、同塗装システムが貢献することが期待されます。

    (*1) 隠蔽性:塗膜が下地の色を覆い隠す性能
    (*2) レベリング:塗装後、塗液が流動し均一で平滑な乾燥塗膜になること
それぞれの商品概要は次の通りです。
 
ニッペ Hi−CRエコ

系 統

環境配慮型合成樹脂調合ペイント
用 途 建築物の内外鉄部、木製の付帯部等の上塗り
特 長
(1) 回収PETや回収植物油を原料に使用
樹脂の一部に、回収PETや回収植物油を原料とした長油性アルキド樹脂を使用しています。(リサイクル原料が樹脂中の35%以上)
(2) 鉛フリー
鉛などの有害重金属を使用していません。
(3) 美しい仕上がり感
隠蔽性やレベリング力に優れており、美しい仕上がり感が得られます。
(4) 基材同等第0001号を取得
内部塗料として必要な基材同等第0001号を取得しています。
規 格 JIS K 5516 合成樹脂調合ペイント1種合格
基材同等第0001号合格
白及び各色
容量・価格 16Kg―12,700円
光 沢 つや有り
初年度販売見込 2億円
発売期日 2002年1月
速乾PZヘルゴン

系 統

りん酸塩系さび止め塗料
用 途 鉄面用一般さび止め
特 長
(1) 鉛フリー
鉛やクロムなどの有害重金属を配合していません。
(2) 優れた防錆性
防錆顔料としてりん酸塩系を主に配合することで、橋梁などで多数の実績のあるシアナミド鉛さび止めペイントと同等の防錆性能をもっています。
(3) 優れた作業性
作業性が優れているので、作業効率の向上を図ることができます。
(4) 短時間で上塗りのできる速乾性
鉛を使用しないドライヤーを使用することで速乾性を確保しています。
規 格 JIS K 5625 2種相当品格
赤さび色、さび色、グレー
容量・価格 20kg−14,900円
初年度販売見込 1億円
発売期日 2002年4月
このページのトップへ